住み替え希望者が増えている低層マンションは杉並区にもある

子育てが始まるとこども中心の生活になります。子育て環境のことを第一に考えながら不動産を探してみてください。今だけでなく、先も見据えてどのような物件が住みやすいのか考えましょう。物件を内見する際のチェックポイントを事前に把握しておくことで、よい物件を見極められる確率が上がります。子育てに適していると評判になっている杉並区は、数多くのファミリー層が住んでいます。

子育て世代に選ばれている杉並区の低層マンション

3人に1人が希望する理由

マンションやアパートに暮らしている子育て世代の50%もの方が、低層マンションへの住み替えを希望しています。希望理由として、「一戸建てのような雰囲気があり広々としている」、「周辺は静かで子育て環境に適している」という声が挙がっていますが、その中でも、「震災時の避難に安心」という声が圧倒的に多いです。

こどもを持つ親なら誰でもこどものことを1番に考えて安全性を求めます。そのため、このような結果になったのでしょう。「震災時の避難に安心」と言われている低層マンションは、2、3階建てになっており中層や高層、超高層と比較すると揺れが少ないです。ですから、地震が起こったとしても倒壊しづらく安全性が保たれるのです。

また、階数が少ない分階段での移動が可能となっており、震災時にエレベーターが停止していたとしても階段を利用すると素早く避難できます。これが、低層マンションの利点であり、人気の秘密です。

物件のグラフ

そもそも低層マンションって?

低層、中層、高層、超高層とマンションには4種類ありますが、低層は2、3階建てのマンションのことを言います。「低層住居専用地域」と言って、住環境を守るために厳しい制限がかけられている区域に建てられており、建物の高さや日影斜線などの制限が決められています。厳しい制限のお陰で、良好な住環境の中で暮らせるのです。

低層住居専用地域は駅前と比較をすると閑静で、騒音や人通りの多さ、声が気にならないため小さいこどもがいる世帯でも生活しやすいです。また、周囲は公園や緑地が多く、休日は自然の中で遊べるという魅力もあります。

低層マンションならではの特徴・メリット

震災などの災害時は、エレベーターが停止してしまうリスクがありますが、低層マンションなら階段でスムーズに避難できますし、1階や2階が押し潰される心配もありません。また、揺れも少ないため家具や家電の転倒から身を守ることもできます。

2、3階建てと階数が少ないため、階段での移動が楽です。エレベーターのメンテナンス中でも時間を気にすることなく外出ができるでしょう。買い物後の荷物運びもスムーズに行なえます。

住人の数が少ないため、住人全員と顔見知りになることも十分ありえますし、トラブルも起こりにくくなります。また、閑静な住宅街ということで車の音や人の声が駅前と比較すると少なく、落ち着いた生活を送れます。駅前よりも交通量が少なく、こどもと一緒に外を歩いていても安心です。

中層や高層になると住民の人数が多い分エレベーターの稼働率が高いため、1回で乗れないことが多いです。低層だと階数が少ない分階段を利用して移動ができるため、エレベーターを待つ必要はありません。通勤を急いでいる場合はとくに楽です。

都心で低層マンションを購入するなら杉並区がオススメ!

周辺環境と子育てに特化した区域

杉並区は緑が多く、小さいこどもを持っているファミリー層が暮らしやすいです。保育園の数が多く、共働きでも生活できる地域となっています。現在の日本は全体的に保育園の数が足りておらず、夫だけ働いている家庭が多いです。しかし、杉並区は保育園の数が23区の平均以上ありますので、こどもを預けて夫婦2人で稼げるでしょう。とくに4~5歳が入園しやすい状態となっています。

また、杉並区は中央線や総武線、丸ノ内線などの路線が充実しておりアクセスが抜群です。都心へ気軽に行けるため、多くの方が利用しています。駅周辺には商店街や商業施設、銀行などが揃っておりそこで買い物を全て済ませることが可能です。住宅街へ進むと公園や散歩コースがあり、こどもと楽しめます。杉並区には公園がなんと300ヶ所以上あるため、気分で行き場を変えられます。買い物は駅前で済ませてその後は、自宅付近の公園でこどもと一緒に遊んでみるのはどうでしょうか。

杉並区の低層マンションに住む人の声

静かな環境が子育てに最適です
(34歳/杉並区善福寺在住)

駅前は便利で良いなと思っていたのですが、「静かな環境で暮らす」ということが条件だったので、住宅街にある低層マンションを選びました。車や人通りが少なく騒音が気にならないです。

専用庭で家族とペットとのんびり過ごせるのがいい!
(30歳/杉並区下井草在住)

わたし達が住んでいる物件は専用庭がついているので、ガーデニングを楽しんだり、こどもとボール遊びをしたりしています。そろそろペットを飼おうという話しも出ているんです。

ご近所さんとも顔見知りになれる安心感
(38歳/杉並区高円寺在住)

人付き合いがあまり得意でなくても、住人の人数が少ない分あまり関わることはないなと思います。また、逆に人数が少ない分、顔を覚えやすく安心します。

子育て世代はここをチェック! マンション選びのポイント

理想の間取り

夫婦2人なら1DKや2LDKで十分ですが、こどもがいる場合は3LDKが望ましいです。夫婦とこどもの部屋を分けて余った部屋は、物置や書斎として利用できるでしょう。将来的にこどもが増える予定がある場合は、1人1人が部屋を使えるように4LDKを選んだ方が良いです。

防音性について

隣人とのトラブルを起こさないようにするためには、防音性に配慮する必要があります。軽いものを床に落としたと時の音や、人が床を歩く時の音など、どうしても発生する生活音が気にならない遮音性の高いマンションを選ぶと良いでしょう。こどもがいると走りまわることがあるため、階下のことを気にしない1階を選ぶという手段もあります。

駐車場や駐輪場の有無

駅前だと電車があるため車は必要ありませんが、郊外は駅まで徒歩約10分時間がかかります。少しでも楽に移動できるように車を所有していた方が良いです。車を駐車するために、駐車場は用意されているか確認しておきましょう。また、自転車も同様で管理するために、駐輪場があるか把握しておくと良いでしょう。

周囲の環境

こどもがいると治安が気になりますから、街灯の数や明るさを確認しなければなりません。明るいと周囲の様子や歩行している人の顔が良く見えます。他にも電車やバスを頻繁に利用する場合は、駅やバス停までどのくらいの時間がかかるか、近くにはコンビニやスーパー、幼稚園や保育所があるかも見ておくと良いです。

自然環境について

自然があるところは子育て環境として適しています。外で遊ぶことで近くに住んでいるこども達とコミュニケーションがとれて仲良くできます。公園にはどのような遊具があるか、しっかりと整備がされているかまでチェックしていると完璧です。